逆援助サイトからの流れについて

逆援助交際をしたと思ったら、まずどうすればいいのでしょうか?
逆援助交際がしたいと思っても、1人では出来ません。
なので相手探しからスタートします。

逆援助交際を希望する女性自体が数が少なく、相手探しは難航するでしょう。
そのため専用のサイトを利用して、後は根気よく探し続けるしかありません。
メールのやり取りやLINEのやり取りでは、セックスやお金目当てで近づくという事は表に出さずに恋人のように接する事がポイントです。
女性は疑似恋愛をするために、逆援助交際を利用しています。

なのでこの人とだったら、疑似恋愛を楽しめそうと思う相手を選ぶため、選ばれる事を第一としてアプローチをして下さい。
そして無事逆援助交際の相手と約束を取り付ける事が出来たとしましょう。
次に重要になるのは、第一印象です。

別に相手がセレブだからといって、こっちもブランドの洋服を揃えるなど無理をする必要はありません。
自分に合うファッションで、清潔感のあるものを選んでおけば問題ないでしょう。
もし女性が男性に着せたい洋服があるのであれば、彼女好みになるように洋服を選んでもらいプレゼントしてもらえばいいのです。

その後の流れはデートをしてからホテルでセックスです。
セフレのようにセックスだけの関係ではなく、デートも行う事が逆援助交際のポイントだと言えます。

逆援助交際の価値観とは

逆援助交際は援助交際と比較して、非常に高額な報酬金額を支払います。
しかしこれっておかしいと思った事はありませんか?
そもそも一般的な感覚だと、男性が性欲を満たすために女性を買う事はあり、女性の身体にはそれだけの価値があるものの、男性の身体にはそんなに価値があるのと疑問に思うかもしれません。

ですが男性が性欲を満たしたいだけなら、風俗に行けば話は簡単です。
お金を出せば手っ取り早く欲求不満を処理してくれますし。風俗店は全国各地に数えきれないほど存在しています。

対して女性が性欲を満たしたいと思った時に、満たす事が出来る場所はほとんど存在しないと言えます。
競合相手が多いと価格競争が起こり、低価格になる傾向があり、援助交際はそれに該当します。

ですが逆援助交際は、競合相手がほとんどいないために高価格になる傾向があると言えます。
それに加えて、女性に見栄が料金には加算されていると言えるでしょう。
男性を買うという事は、ちょっと特別な事です。
それを安い価格で買うのでは、自分自身の価値が下がってしまうわけです。

つまり高額を支払える自分の経済力を示し、優位な立場に立ちたいという気持ちの表れでもあります。
とにかく理由はいろいろあるものの、男性にとって逆援助交際が美味しい話である事に間違いはありません。

逆援助交際ではどんなデートをするの?

逆援助交際は単にホテルの前で待ち合わせをして、そのままセックスをして別れるというものではありません。
中には忙しい女性がいて、セックスだけを求めるケースもあるかもしれませんが、大抵はデートも含まれています。
女性は男性と異なり、性欲だけを発散する目的ではなく、疑似恋愛をする事で癒しやトキメキを得たいのです。

ですが逆援助交際の場合、相手はお金を持ったセレブ女性です。
しかも相手の方が年上のケースが圧倒的に多いでしょう。
そうなった時に、一体どんなデートコースをすれば喜んでくれるのか分からない。

そんなふうに悩んでしまう男性もいるでしょう。
でも逆援助女性は別にデートで高級レストランや煌びやかなパーティに連れて行って欲しいと思っている訳ではありません。
そうではなく、例えば大学生の男子学生と逆援助交際をしているセレブ女性がいたとします。

この場合は学生が行くようなデートを楽しみたいのです。
学生時代に戻ったような気持ちで、もう一度恋愛を楽しみたいからこそ、高額なお金を支払い逆援助交際をしている訳です。
それに不安に思うのであれば、ストレートに逆援助女性にどんなデートがしたいですか?と尋ねてみましょう。

本来であれば、聞かずに相手の求めるデートコースをエスコートするのがスマートな対応ですが、逆援助交際では男性が年下なので、その辺は大目にみてくれますし、年下の特権で甘えてしまいましょう。

逆援助交際ならセックスの要望が言いやすい

恋人同士のセックスで、セックスの要望を言い合うカップルは非常に少ないのではないでしょうか?
こうして欲しいという要望があったとしても、実際には言いずらいですよね。
相手に拒否されたり、嫌われたら怖いという気持ちもあります。

これが男性であれば、要望を満たすために風俗店に行き、自分のして欲しいオプションをつけて要望を満たす事が可能です。
ですが女性の場合は、要望を満たす手段がないのが現状でした。
そもそもセックスでリードするのは男性の方です。

なので男性は自分の要望は、よほどマニアックな性癖は別ですがちょっとした要望であれば満たす事は可能でしょう。
でも女性の方はリードされる側なので、全然要望が満たされるチャンスがないと言えます。
だからこそ逆援助交際でお金を支払ってでも要望を満たしたいと考える人がいるわけです。

現在はまだごく一部のセレブ女性しか逆援助交際は行う事が出来ません。
ですがもう少し逆援助交際が浸透し、援助交際並みに一般の人でも行えるようになれば、女性もセックスでもっと簡単に要望が満たされる社会になるのではないでしょうか?

逆に言えば男性は、逆援助交際で自分本位のセックスは絶対にNGで、女性側の要望を必ず確認するべきだと言えます。

逆援助交際なら何でもOKという訳ではない

逆援助交際ならお金を支払う女性の方が立場が上という点は間違いありません。
そのためセックスに対する要望も口に出しやすいと言えます。
しかしお金を払っているからといって、何でもOKという訳ではないので注意して下さい。

そもそも性癖に関して言えば、相手に無理強いする事ではありませんよね。
相手探しの段階で、性癖が合う相手をちゃんと探しておくべきだと言えます。
なので逆援助交際の掲示板で募集する際に、明確に要望を記載し、その要望に応じる事が出来る人を募集するといいでしょう。

ですがあまりに報酬金額が高額すぎると、そういう性癖ではないのにお金目当てで応募する人が現れるようになります。
相手もお金のためなら何でもするという心境なのかもしれません。
ですが性癖とは無理強いをするものではなく、お互いが楽しんでしなければいけません。

その性癖に全く興味がない人がお金のために見よう見真似でやったとしても、知識も経験もないためとても満足出来るとは限りません。
なのでこの場合は報酬金額を相場価格より上げないようにして、じっくり相手を探す事がポイントだと言えるでしょう。

マニアックな性癖になればなるほど、相手を探す難易度は上がってしまいますが、どんな性癖であれ、誰もいないという事はないので見つかるまで探すようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする