逆援助サイト選びが重要

援助交際は犯罪行為となるため、出会い系サイトで相手を探す事は禁じられています。
そのため一般の出会い系サイトやセフレサイト、不倫サイトの中で隠語を使用して援助交際を希望する人はやり取りをしています。

では逆援助交際はどうなっているの?
そんな疑問を持つ人もいるでしょう。
ですが援助交際は犯罪ですが、逆援助交際は犯罪にはなりません。
なぜ?と不思議に思う人もいるかもしれませんが、意外と法律は想定外の事に関しては法律自体が存在しないため、法で罰する事が出来ないのです。

そのため逆援助交際は、そもそも女性がお金を払って男性とセックスをするという概念が法律を作る際になかったため、取り締まる法律がありません。なので見つかっても逮捕される心配がなくリスクが低いと言えるでしょう。

なので違法行為ではないため、逆援助交際の相手を探す行為も別に出会い系サイトで禁じられていません。
逆援助サイトだってあったりします。
ただお金を払って男性とセックスをしたいと思っている女性自体が少ないため、一般の出会い系サイトで出会うのは難しいと言えます。
そのため目的別に細分化された、逆援助交際専用のサイトを利用する事をオススメします。

さらに言えば、悪質サイトも多く存在しているため、悪質サイトではないサイトを選ぶようにしましょう。
女性目線でシンプルでオシャレなサイト、アダルト要素がないサイト、問い合わせをして対応が丁寧なサイト、設立年数が長く会員数が多いサイトなどを選ぶとサイト選びの失敗が少なくなるはずです。

逆援助サイトで貯金が貯まる

逆援助は報酬金額が高いので、貯金が凄く貯まります。
最も貯まる方法は、相手が独身の場合は、相手の家に泊めてもらう事です。
ちょっと前に松潤のドラマで、若い男が年上の女性に飼われてペットになるという作品がありますよね。

要はあんな感じで逆援助をすればいいのです。
そんな上手くいくの?
と思うかもしれません。
ですがそもそも逆援助交際をする女性は、寂しいから誰かそばにいて癒して欲しいという気持ちが根底にあります。

なので一緒に住むと喜ばれるケースが多いでしょう。
料理が出来て、作ってあげるのが理想ですが、ペットなので何も出来なくてもそばにいるだけでOKです。
そして一緒に暮らしている期間は、報酬金額をもらい、なおかつ生活費が一切かかりません。
すごい勢いで貯金が貯まっていくと言えるでしょう。

彼女が仕事で外出している間は、比較的自由に過ごす事が出来、彼女が帰宅する前に自宅で待機しておきます。

男性は30代でも若造なんて言葉を用いられることがあります。
ですが逆援助交際でペットとして許されるのは、せいぜい20代までと言えます。
20代でしっかりと貯金し、30代になればその貯金を元手に何か仕事にトライしてみる、そんな計画性をもっておいて下さい。